プロフィール


【北見吹奏楽団の紹介】

 

北見吹奏楽団は北海道北見市を中心に活動する吹奏楽団です。

昭和57年6月に当時の有志13人が集い練習を開始し、同年9月に正式に団を結成。

現在、団員の数は約50数名を数えます。

主な活動内容は定期演奏会、団体コンクール、アンサンブルコンクール、市内学校・一般バンドの

合同コンサート、依頼演奏等を行ってます。

団体コンクールでは、平成16年から8年連続で全道大会にて金賞を受賞し、平成12・17・21・

23・25・26年度には全国大会出場も果たしました。

 

練習は毎週水曜と土曜日の夜、19:00~21:30まで行っています。

演奏会本番が近くなると、状況に応じて日曜日に練習を行うこともあります。

そして当団には専用の練習場があります。決して新しくはないのですが、当団の結成以来

利用されてきた施設であり、この練習場なくして北見吹奏楽団の活動は考えられないものと

なりました。

1階には合奏用の大部屋、そして2階には個人練・パート練などに利用できる3部屋があり、

21:30(2階は21:00)までは思い切り練習ができます。

 

 

【音楽監督の紹介】

 

北見吹奏楽団に欠かせない音楽監督が松田 彰光先生です。

練習中は厳しいですが、普段はとても優しい先生です。

北見吹奏楽団のコンクールでの輝かしい成績は松田先生のご指導のたまものです。

 

matsuda

松田彰光プロフィール

昭和15年8月2日 留萌市出身                    昭和38年国立音楽大学卒業。同年中野中央中学校に非常勤講師として勤務。昭和51年から網走南ヶ丘高校に着任し、吹奏楽部(局)の顧問となる。平成13年定年退職。同年4月からは網走南ヶ丘高校吹奏楽局音楽監督に就任。 平成21年12月に勇退。33年間で同吹奏楽局を北海道吹奏楽コンクールへ28回(うち13回金賞受賞)、全国高文連音楽発表会へ2回、東日本吹奏楽大会へ1回導く。

平成16年より北見吹奏楽団の客演指揮。翌年平成17年には同団を全日本吹奏楽コンクールへ導き、平成18年からは音楽監督に就く。

平成13年には網走市文化賞を受賞。

・昭和61年 北見地区吹奏楽連盟理事長
・平成  5年 北海道吹奏楽連盟副理事長
・平成13年 全日本吹奏楽連盟理事